太陽光発電システムを個人宅に導入する理由

リスク回避に使えることが期待

日本では基本的にエネルギー供給が不安定にはならないです。しかし、災害や或いは外因的なことが問題となってエネルギーが得られない場合もあります。ですから、しっかりと自力で確保しようとしている人が増えています。その一つが太陽光発電システムになります。これは個人的にも導入できるようになっています。これは太陽光パネルが安くなってきたからです。これでいざと言う時にも自力で電気が使えるようになりますから、メリットがあります。

普段からしっかりと使えます

災害時などに備えることを目的に導入する人も多いですが、しっかりと平時にも使うことができます。日頃の電気の使用に活用できるわけです。そして、余った分は売ることができます。これを売電といいますが、電気会社がする義務がありますから、売る手続きに関することなどはそんなに気にしないで良いです。とにかく、発電できているのであれば、売れます。これで大きく利益を出している個人宅もあります。投資としても期待できるわけです。

リスクもありますから注意が

太陽光発電システムは確実なエネルギー源としては、厳しいです。機器を設置することになりますし、太陽の当たり具合によっては良し悪しが立地によってかなり違ってきます。それに台風などのリスクもありますから、保険などにも加入しておく必要があります。リスク的には意外と高いですから、覚悟するべきでしょう。しかし、10年程度で初期投資額を回収することができるようになってきていますから、利益を期待はしてもよいです。

電力会社から買う電気料と太陽光発電の買い取り金額では買い取り金額の方が大きいので、10KW以上のシステムにして電力を全て買い取ってもらうのがお徳です。