包茎治療を検討する上でその種類をまずは把握する

仮性包茎は治療が必要ない場合もある

仮性包茎は、男性の包茎で多い症状の一つと言えます。このままでも性行為などを行える場合があり、問題ない場合もあると言えるかもしれません。手で剥けば簡単に包皮を剥く事ができる場合もあり、日常生活においても支障がないでしょう。しかし、不衛生になりがちな場合もあり手術を行って常に剥けた場合にされる方もいらっしゃり、判断はそれぞれのコンプレックスなどになっている場合などには、手術を検討しても良いかもしれません。

真性包茎は手術の必要がある

真性包茎は手で剥く事もできず常に包皮が被っている状態の事を言い、亀頭の成長を阻害する可能性があり先細りのペニスになる場合があると言えます。性行為に支障をきたす場合もあり、不衛生にもなりがちと言えるでしょう。悪臭などをはなつ可能性もあり、女性への積極性を欠く場合もあると言えますので早期の手術が必要かもしれません。ペニスに関しても成長可能な期間などもあり、なるべく若い内に治療を検討した方が良いと言えます。

カントン包茎は手術の必要がある

カントン包茎は手で剥くと平常時はなんとか剥く事ができる場合もあると言えますが、痛くなり包皮を戻せない可能性もあるでしょう。性行為を行う事ができる場合もあるでしょうが、無理に行うと皮が裂けてそこから菌が入り腫れあがる場合もあるかもしれません。また、勃起時に包皮口が狭いために締め付けてしまい、壊死する可能性さえあるでしょう。早めの手術が必要と言えます。どのパターンにおいても、気になる場合は正確にタイプを把握する意味でも病院に診察に行った方が良いでしょう。

包茎の人を手術して、亀頭が現れるようにする事です。手術方法もたくさんあり、ネット予約も出来るようになっています。コンプレックスがある人は包茎手術をしてみてはいかがでしょうか