手術を受ける?自分で治す?仮性包茎の改善策とは

判断が非常に難しい仮性包茎

仮性包茎に対し本格的な治療が必要となるか否かについては個人差や程度の差が非常に大きく、その最終判断がかなり難しい事は確かでしょう。その中でも自力で比較的容易に包皮を剥く事が出来、加えて痛みを殆ど感じないのであれば、日頃からのトレーニングや慣れによって日常生活どころか性生活にも全く支障の無いレベルにまで改善させる事が出来るのです。一方何とか剥く事は出来るものの強い痛みを常に感じたり、また包皮の中を洗う事が出来ない程度であれば、思い切って包茎手術を受けた方が楽になれる可能性が高いものです。

自力のトレーニングはそれ程難しい事では無い

自力で特に負担無く包皮を剥く事が出来る場合、日々勃起時に包皮を積極的に手で剥いたり、その状態を長時間維持させる事によってデリケートな包皮の内側を外気や下着の感触に慣れさせ、生活上全く気にならない程度にまで改善させる事も出来るのです。慣れないうちはきついケースもあるでしょうが、回を重ねるごとに次第に違和感も無くなってゆく筈です。勃起時に自らの手の力加減によりオナニーをコントロール出来る様になれば、性行為に関しても全く問題は無くなったと見て間違い無いでしょう。

治療が必要と感じたら思い切り良く

包皮は剥けるものの痛みがきつく日常生活にさえ支障が生じてしまう程度であれば、下手に自力で改善させようと努力するよりも、専門医の治療に託した方がよっぽど安全で確実と言えるでしょう。包茎治療と言えども恐れおののく程苦痛で怖いものではありません。最長1時間程度で終わってしまうレーザー手術がメインであり、手術の翌日から普通の生活が営める程度なのです。将来的に続くデメリットは先に持ち越さず、さっさと手術を受け改善してしまった方がはるかに良いのです。

仮性包茎の治療法に興味のある男性は、都市部を中心に増え続けており、理想的な泌尿器科のクリニックを選ぶことが大事です。